So-net無料ブログ作成
検索選択

作並系のこけし [こけし]

昨日のこけし友の会はぎっくり腰で動けずにお休みしました。
先月もギックリやって今月もなので、そろそろちゃんと運動をしなくてはなりません。

今年の1月のこけし友の会の例会には土湯の西山敏彦工人と作並の鈴木明工人がいらしてました。
工人さんをこんなに間近に見たのは始めての私。ご挨拶をされた二人の工人さん、とっても気さくで面白そうな、素敵な方々でファンになってしまいました。

DSC00689.JPG
今、私のデスク周りは作並祭です。左から里見正雄さん、鈴木昭二さん、鈴木明さん(1月のおみやげこけし)、同じく明さんのこけし。
里見さんのぼってりした花や髪の描き方が素朴です。写真だとわかりにくいけど目ヂカラがすごいこけしです。昭二さんは明さんのお父さん。こちらの親子のこけしは花などの描き方がドラマチックで華やか。現代的です。

DSC00696.JPG
私が持っている胞吉型のこのこけしたちの髪は筆の勢いが素敵なのです。横から見ると風になびいているよう。風の谷の美少女たちです。

DSC00701.JPG
鈴木明さんのえじこ。頂いたものなのですが、失礼ながらのんびりと間が抜けた可愛らしさです。

DSC00697.JPG
11月のおみやげこけし、平賀輝幸工人の子供用のおもちゃにしてはするどい目つきのこけし。古い作並系謙蔵こけしを彷彿させるこけしということですが、古い頃の人形の顔っていいなあと思うんです。
子どもの頃にお雛様って豪華だけど、リカちゃん人形と比べて可愛くないと思ったことありませんか。(私は好きだったけど)このこけしはこわいおひな様を思い出すような懐かしい気持ちにさせられます。とても気に入ってます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。